企業理念「夢を抱きつづける会社であること。」

株式会社 L`artefice
代表取締役社長
117-150x61


 

創業者である澤 善市は、第二次世界大戦中、中島飛行機(現 SUBARU)にて零式艦上戦闘機(ゼロ戦)のエンジンの製造を担当していました。終戦後その技術力を活かし起業したのが弊社の始まりです。
そんなある日、研磨加工を得意とする澤のもとに本田宗一郎氏(現 本田技術研究所 創業者)がエンジンの加工の相談に訪れ、レース用試作部品の開発依頼を受けることになりました。その後、治具や2輪車用レース部品の部品供給を本田技術研究所に始めることになりました。1959年、初めて125CCクラスのレースに参戦し、見事完走して6位入賞。そして2年後の1961年にマン島TTレースにて独占優勝を果たすことが出来、その実力を世界に証明することが出来ました。1974年には、エコエンジンの先駆者と言えるHONDAの低公害型のCVCCクリーンエンジン開発にサプライヤーとして賛同して参りました。そして、F1全盛期の1988年に、F-1世界GPのHONDAのエンジン開発において部品供給を開始することになりました。アイルトン・セナとアラン・プロストが乗る「ホンダ・マルボロ・マクラーレン」がドライバーズチャンピオンを獲得しました。

ラルテフィッチェは、さらなるチャレンジをするべく、航空宇宙、船舶、自動車、医療、食品、ロボットとさまざまなジャンルに挑んできました。創業者の澤がよく口にしていた「不可能なことはない!」をモットーに「不可能を可能にする物づくり」を目指しております。日本の物作りの技術継承を目的として、引退したプロの職人を呼び集め若手の職人の教育、育成もしております。

自分たちに出来ないことはない・・・どんなことでもチャレンジする姿勢、それが私共ラルテフィッチェのポリシーです。

 

 

会社概要

会社名 株式会社ラルテフィッチェ
役員構成・資本金 代表取締役社長  澤 良美
資本金  12.000.000円
本社 〒321-0911 栃木県宇都宮市問屋町3413-59 地図
TEL 028-657-7440
FAX 028-656-0444
東京営業所 〒173-0004 東京都板橋区板橋1-48-17
協立コーポレーション第1ビル 地図
TEL 03-3962-8411
FAX 03-3962-8424
事業内容 ・センタレス加工
・ワイヤー加工
・ホーニング加工
・マシニング加工
・NC複合旋盤加工
・外周研磨
・円筒研磨
・平面研磨
・検査用ゲージ及び組立用治工具の設計、製作
・3次元測定器による検査計測
・3Dデータ製作
・3D形状加工
・放電加工
・樹脂加工

 

 

沿革

1945年11月 創業者である澤 善市が戦時中に中島飛行機(現SUBARU)にてゼロ戦を製造していた。終戦後、その技術力を活かし起業する。
1955年 本田技研工業(白子工場)と取引開始。
1960年 本田技術研究所と取引開始。
1961年07月 当社が技術協力を行った本田技術研究所の「ホンダレーサー」が、英国 マン島TTレースにて独占優勝を果たす。
1974年05月 本田技術研究所のCVCCクリーンエンジン開発に寄与する。
1981年10月 日本専売公社機械製作所(現 日本たばこ産業)と取引を開始。
1983年09月 世界GP500のエンジン開発において、ホンダ・レーシングへ技術提供。
同エンジンのマシンを駆るフレディ・スペンサーがチャンピオンを獲得。
1986年10月 当社が技術支援を行ったホンダエンジン搭載チームが、F-1世界GPコンストラクターズチャンピオンを獲得。
1988年08月 F-1世界GPのエンジン開発において本田技術研究所をサポート。搭載チーム「ホンダ・マルボロ・マクラーレン」がコンストラクターズチャンピオンを獲得。
1996年08月 石川島播磨重工業株式会社(現 IHI)と取引を開始。
1998年08月 石川島検査計測株式会社(現 IHI検査計測)と取引を開始。
1999年01月 積水化学工業株式会社奈良工場と取引を開始。
2005年12月 新工場を宇都宮に移転/本社を宇都宮へ移転。
2005年12月 東京営業所を設置。
2016年12月 日本たばこ産業株式会社九州工場と取引を開始。

 

 

案内図

本社


より大きな地図で 株式会社ラルテフィッチェ を表示

東京営業所


より大きな地図で 株式会社ラルテフィッチェ東京営業所 を表示